読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ランクAを見せてよ

アイマス


MFF アンダーグラウンド

えにこP


本当にもうどうしてこんな胸に迫る良い曲が次から次へと生まれてくるのでしょうか世の中。そしてなぜそれを他の人は知っていて私は知らないのでしょうか。レンタルは多分置いてないだろうからまたCD買わなきゃ。お金ないのに……。なんでiTunesで買わないのかっていったらやっぱりせっかくお金払うのに歌詞カードをもらえないんじゃ面白くないというのが大きい。原語と日本語訳の両方の歌詞をファイルに埋め込んで、iTunesiPodの再生画面に表示してくれたりできればいいのにな。あと128kbpsだかに圧縮されてるのも気に入らない。実際に音質が違うかどうかはあまり関係ないんだよね。圧縮は自分の管理下でやりたいの!Appleロスレスで5000曲!もうウォークマン買えないじゃん。最近のはかっこいいのに……。


嘘歌詞だから、本当はどういうことを歌っているのかCD買ってみないと分からないんだけど、とにかくこの歌詞が良かったです。こういう考え方って意外とあんまり聞かなかったような気がします。いや、「団結」ってこういうんだっけ?いや何か違うよ多分。とにかく少なくともこういう考え方というのか捉え方というのかは、私には今までありませんでした。何か、いやまさしく、今まで分かっていたつもりでいた物事について、新しい見方や理解を教えてもらえたように感じています。


普通こういう、オーディションにも落ちて全然パッとしないで終わる話っていったら、その残念な気持ちや寂しさが強調されるのが考えなくても当たり前で、そういう気持ちを代弁したり、慰めたり、あるいはそういうものを吹っ切ってこの先も頑張っていこうとかなんとかいう雰囲気のある音楽を合わせたくなるものです。アイマスのエンディング曲でもある「まっすぐ」だって今じゃ完全にネタ扱いだけど本来はやっぱりそういう曲だと思います。

                                                                                              • -


「オーディションではぜんっぜんイケてなかったわ。
 審査員も絶対にワタシのことを覚えてない。」


「気がついたら一年たったさ。なんくるある。」


今でも自分がどうすればいいのかよく分からないし
この事務所のみんなとじゃなきゃムリだ


契約を更新してよ
(幸せになれる?)
ランクAを見せてよ
(手に入れられる?)
ボクらここでなら幸せになれるさ!


一番カワイかったのは誰?
頭脳戦で強いのは?
全部持ってっちゃったのは?
ボクは心に傷を負っただけ。


聞いてる?鼻の下が長い情け無い顔のP!


アイドルじゃない自分もアリかもだけど
今日のオーディションだって
ボクとすれ違った女の子がね
ボクを見て笑ったんだけど
ボクは耐えきれずに下を見てた。


うつむいてるなら事務所にカエレ!


そうだね事務所に帰りたい。
朝も夜も そこにはすべてがあって
踵鳴らして通ってた。


事務所へ帰ろうよ
みんなハッピーな場所
弱肉強食の世界で
オーディションに落ちても帰る場所
みんな幸せになれる場所


事務所のあの子も黒に染めてやろう!
ファンタスティクな穴も埋めてやる!
敏腕Pと仲の良いあの子は男の娘だったし
その子はボク達がどの事務所か知ってるクセに


それは事務員として働けってこと?
落ちろ 落ちろ 落ちちゃえ


帰ろうよ事務所へ
みんなは幸せそうだけど
レッスンでは乱暴にされたり
JAも雑な指示だったけど
いつも楽しい場所
みんな大好きステキな765事務所


ジェノサイドだってちゃんと出来るんだ!


ああ最悪だ!
誰かが受かれば誰かは落ちる
打ちのめされてもここへ帰る
全てがやんなっちゃったよ


じゃあ、ボク行くね。
できるよ。ちゃんと。
ほら、またボクを選んでくれるよね。
次はきっと上手くできる。


教えて星井。やり方を。

                                                                                              • -


しかしそこへ来てこの曲にこの歌詞はどうか。全然そんなんじゃない!寂しいだのなんだのという事なんて最初からテーマとして扱われていない。「オーディション落ちちゃった。事務所へ帰ろう。仲間が待ってる。能なしPのおかげでこれだ。契約延長して、次はもっと上手くやってよ。」だって。そんな風になんて考えたこともなかった!特に、765事務所を帰るべき家、あたたかい場所として表現しているのがすごく良くて、いや多分こんなところで感動してたのは私くらいのもんで、実際のところ普通に考えりゃ珍しくもおかしくもない認識であるはずなんですが、とにかく私はこの歌でもって初めて「だって私たち仲間だもんげ」という言葉についてイメージが持てたような気がする次第で、えにこPには感謝の気持ちでいっぱいです。良い音楽と、歌詞付けの上手さによるものでしょう。


だからおすすめ!