最近のこと


Twitter
Twitterって知ってる?最近すっごい話題の、なうな老若男女にバカウケ大流行のミニブログ風なんたらかんたらってやつ。ちょっと興味が湧いたんですけれども、あれって友達いなくても面白いのかな?


月に囚われた男
という映画を先月観ました。恵比寿のガーデンシネマってところまで行ったんですが、あそこは綺麗でいいですね。さすが東京都は金持ちだなーって感じでした。
映画はすごく良かったです。“映画通"を名乗る人たちなんかは、これ観たらあれこれウンチクを語りたくなるポイントが沢山あるんだろうなーという感じで、昔のSF映画の雰囲気を受け継いでいるようでしたが、私自身はSF映画っていうとスターウォーズ(新しいほう)が浮かんでくるような人間なので、こういう静かで知的なSF映画があるならもっと観たいなとむしろ思いました。
音楽も良くて、サントラを買いました。まあ地味なんですけれども、地味さの奥に秘められたテーマが力強く聞き手の心を揺さぶる……揺さぶられました。「ソラリス」っていうジョージ・クルーニーが出てた映画の音楽に似ていたので同じ作曲の人かなと思ったけど違う人でした。


第9地区
連休中に観ました。すごかった。事情を知っている人は知っていると思うんですが、もともとHALOっていう私も大好きなゲームの映画化のために集められたスタッフが作った映画で、HALOはなにやら権利問題だかなんだかで製作中止になってしまって私はそれはもうがガッカリ千万だったのですが、この映画を観たらHALO中止して良かったかもとさえ思いました。
全体的にドキュメンタリー番組風に作ってあるからだと思うんですが、クールな雰囲気で、展開もスピーディでした。残念ながらHALOだとこうはいかないだろうなー。もうゲームとして有名になりすぎちゃったから、もしこれから改めて作ったとしてももっとありきたりな、バーン(かっこいいセリフ)!ジャーン(勇ましい音楽)!ドカーン(スローモーションな爆発)!て感じになってしまうんだろうなという気がします。
それでともかく、内容もいいんですが、何よりも、まずもってなによりも超サイコーだったのがエイリアンの武器!カッコ良すぎ!SF武器なんてもう見飽きたって思ってたんだけどマジでとんでもなかったです。あれを見るだけでも映画館に行く価値があると……言い切れる!ロボットが起動して主人公以外の奴らがまとめて木っ端微塵にされるシーンとか超グロイのにイカし過ぎてて笑っちゃった。
これは絶対映画館で観るべき。音響の迫力が違うもんね、やっぱり。



けいおん
PCの前に座っている時間の半分はpixivを眺めて過ごしています(もう半分はニコ動)が、最近話題?の軽音部以外の唯のクラスメイト達とか、なんの前触れもなく急に輝き出した純ちゃんとか、もはや忘れられつつある三浦茜ちゃんのイラストなんかがもっとバカスカ描かれるといいなと思っています。


けいおん!!第一話「高3!」を俺が製作した


これすっごい面白いよ。面白い上に、ちょっとかっこいい。なんでかなと思ったけど、やっぱり絵だけでなく音も完全自作しているというところがいいんだと思います。こうバランスが取れているというか、音と映像の品質が丁度良いレベルで噛み合っていて、そのおかげでもって動画全体として奇跡的な安定感が生まれているとでもいうのか。ニコ動が新サービスのキャンペーン中で、500ポイントをもらえたのでニコニ広告に使ってみたけど効果あんのかなこれ。あんまり無さそう。
宣伝といえば、私もすこし動画を投稿しているのですが、その私の動画にも広告をしてくれる方がたまにいます。古い動画にもいつの間にか広告してもらえていたものがあったりして、とてもうれしく思っています。でもこれにお金使うくらいならドワンゴの株でも買うほうが有意義なんじゃないの?という気もします。ドワンゴとしてはどっちのほうがいいんだろ。



あとそれからこの動画、かりふらさんて人が一番にマイリストしていて、かりふらって聞き覚えがあるなーと思ったら私も知ってるアイマス動画作ってる人でした。人でしたって言うついでになんとなくプロフィルを見たところ、ちょうどよいタイミングで新しい動画が投稿されていました。が、しかしこれは……



タイトルの「くじ」も合わせて読みました。タイトルがURLというのは新しい。内容は、村八分というか、出る杭打たれるというか、不満のはけ口というか、あるいは動画について言えば“見たいものと見たくないもの”といったようなテーマなのかな。刺激的。