読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京ゲームショウ2010に行ってきました


すっごい人混みで、会場をぐるぐる歩き回っただけでグッタリくたびれました。でもゲームショウって毎年ゲーム雑誌の記事や写真でしか見たことなかったので、実際に行っていろいろ見て回れたのは良かったです。



アイドルマスターのステージイベントがあるって話で、本当はそれが一番見たかったんですけれども、出掛けたのが遅かったせいでイベント会場への入場に必要な整理券をもらえず残念でした。アイマスのイベントって結構しょっちゅうやってるのに一度も観たことがないので観られたらいいなーと思っていたんですが、気合も情熱も全く足りていなかったようです。割と背が高いのがこういう時だけ役に立って、仕切りの向こう側からチラと中の様子が見えていましたが、色とりどりの蛍光ライトが一糸乱れず振られているのに加えて、L4Uそのまんまの合いの手が歌に合わせて聞こえたりしていて、なんだか異様にスゴい迫力が伝わってきていました。中に入れなくて正解だったかもしれないと少し思いました。


そのあと、バンナムのブースを通りかかったら突然961プロの黒井社長の高笑いと共にアイマス初の男性キャラクタによるユニット「JUPITER」のPVが始まったりして、やっぱりこれが一番ビックリしました。ただ、確かに男なんですけれども、前にニコ動でこれとソックリのMAD動画を観たことがあったもんだから映像自体にはあまりインパクトが無かったです(笑)。罪ですねアイマスMAD。左の子なんかマジで伊吹ちゃん(だっけ?)かと思ったよ!


あとは、件のイベントが終わった頃を見計らった感じで、その男性ユニットの話も含めてアイマス2の新情報が発表されたという形でもって新聞の号外紙のようなペーパーが配られたりしていました。もちろん私も貰いました。中身は特に面白いことは書いてなかったですけれども、アイマス2の試遊台も当然人だかりでしたし、アイマス大暴れだなーという印象でした。いいですよね。TGS2006で発表されたXBOX360アイドルマスターのプロモーションビデオをネットで見た頃を思い出します。あの頃と違っていわゆる古参ファンももう大勢いますから、たぶん特に男性キャラを登場させることについてなんかは文句もガタガタ言われるんだろうなーとは予想できますけれども、私はこういうサプライズが大好きで、初めは「へーアイマス2か。そりゃそのうち出るとは思ってたよ」くらいのもんでしたけれども、今まで思いもしなかったような新しい展開がどんどん発表されるたびにワクワクした気持ちが高まるのを感じています。早く発売されないかなー。


ああいうところで見ると、やっぱりというか、ネットのゲーム情報サイトなんかで見るよりもどれも面白そうに感じました。目を引いたのはええと、ドリームクラブとか、ラブプラス……とか。そういえばラブプラスのブースの前では、みんなDSやらiPhoneを取り出して何か通信しているみたいだった。ちょっと(かなり)宗教っぽい光景だった。彼女に着せるスペシャル衣装でも貰えたのかな。クソ、面白そうだな!


他にはキネクトとかMOVEとか、3D対応ゲームとか、まあとにかく混み合いなので、あんまりゆっくりは見られませんでしたけれども、面白かったです。


あ、あとコスプレが良かったです。美人のエアリスがいたり、全身緑色に塗って超気合の入ったスト2ブランカがいたり、FFXのワッカなんていうどマイナーなチョイスで妙に似合ってたりする人がいたりしました。全体としては東方シリーズのキャラがかなりいたように思います。生で見るといいですねコスプレって。情熱が伝わってくるようです。露出も多いし。一枚くらい写真撮らせてもらっとくんだったな。