読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『シンデレラガールズ』が面白くて非常に悔しい


携帯ゲームサイト『モバゲー』で遊べるアイドルマスターのゲームです。ここのところピクシブなどでじわじわとイラスト描く人が増えてて、しかもだいたいみんな「意外と面白い」みたいな感想言ってるもんだから気になってしまって、ついに数日前に手を出してしまいました。


なにしろあの悪名高きモバゲー(グリーでもいいけど)でアイマス、しかもオリジナルの新キャラクタが100人以上とかいうわけのわからない発表を知った時は、それはもう落胆したものです。
アイマスって、実際どれだけDLCが高かろうと、移植版でぼったくりだと言われようと、やっぱりその根底には「手間を惜しまない数寄者たちが一生懸命いいものを作って私たちを楽しませてくれている」という安心感のようなものがあって、だからクチではいろいろ文句を言いながらも、アイマスの新作と聞けばホイホイ飛びついて行きました。
しかし、モバゲーと聞いては話が違う。あんな低品質で拝金主義的なイメージの強いところにアイマスを並べるなんて……そんなのはもうアイマスじゃない、と思いました。


それでもまあ試しにと思って始めてみました。
ゲームとしては、今までの勝手知ったるアイマスとは違った、非常に独特なルールで進む全く別ジャンルのゲームでした。
いつものアイマスといえば、初めに担当アイドルを何人か選んで、その子をじっくり育てていくというものですが、この『モバマス』においては、アイドルは完全に「手持ち札」「持ち駒」という扱いです。これにまずたいへん衝撃を覚えました。
要するにカードゲームのような感覚のもののようです。初めにスロットで最初のアイドルを引き当ててゲームを開始しますが、あれよという間に新しいアイドルが5人も10人もじゃんじゃん集まってきます。しかも、同じアイドルが重複することも普通にあります。それらはどうするのかといえば、レッスンや特訓を行うことで2人以上のアイドルを合成し、お気に入りの子の能力を上げるために消費されます。なので名前もろくに覚えないまま、新しい女の子たちが次から次へと現れては消え、ユニットの編成もみるみる入れ替わっていきます。もちろん、能力に関係なく「この子が気に入ったからずっと置いておく」ということも出来るのですが、これもまた驚くべきことに、キャラクタごとの能力値にはかなりの差があって、序盤の弱い子をどう手塩にかけてレベルを上げても、後から出てきた子にレベル1の状態で負けてるということが普通に起こるので、ゲームを有利に進めようと思うとどうしても能力値の低い子は遅かれ早かれ戦力外になってしまいます。これって今までのアイマス観では考えられなかったようなことです。うーんすごい。カードゲームとしては普通なんでしょうけれども、よくこれをアイマスでやろうと思ったなと思います。


それで、結局のところゲームとしてどうなのかというと……けっこう面白いです。
テンポが良くて、ボタンをポチポチとやるだけで次々と新しいことが起こるので「もうちょっとやろう」という気にさせられますし、なにしろ女の子のイラストはすべてあの杏仁豆腐さんが描かれたものなので当然かわいくて、それぞれのアイドルも思った以上にちゃんと作られているので、収集欲・育成欲が湧いてきます。もちろん、課金なしでの話です。
先のことはわかりませんで、もしかしたらすぐに飽きるのかもしれませんが、少なくとも今のところは、今までになかった新しいアイマスの形として楽しんでいます。まあちょっと、モバゲーに登録することに抵抗がなければ、触ってみるのもいいんではないかと思います。



それはそれとして、先にも書いたように、今までもアイマスのイラストを描いていた方たちがちょこちょことこの『モバマス』にも手を出しているのをピクシブで見かけるのですが、面白いなと思うと同時に、少し寂しくもあります。なんだかいよいよ世代交代という言葉が現実味を帯びてきているような気がしてしまうというのは考えすぎでしょうか。やっぱり、この大量の新キャラの中で人気の出た子は、今後あるかもしれない本流のアイマスの新作で拾い上げられたりするんでしょうか。そうでなくても、なにしろ100人いて、モバマスやってる人達の間でもお気に入りのキャラがそれぞれいるわけなんですが、みんな本当にそれぞれ別の子を推していて、しかも私が名前だけでも知っている子はまだ10人かそこらへんしかいないので、イラストの一覧を見ても「これ本当に全部同じゲームの絵なの?」と戸惑ってしまいます。こう……アニマスの第24話が今まさにニコニコ動画で配信中なんですが、そこで春香がずっと大事に思いながらも忘れられつつあった「団結」が、事務所という家を軸にしてふたたび取り戻されるという暖かいテーマが示されている横で、現実の私たちは同じアイマスファンを名乗りつつもその興味の方向はいよいよばらけつつあるのかな、なんて寂しい方向に想像が膨らみました。


これというのも、アニマスが終わっちゃった喪失感が思ったより大きいのかも……はぁ、本田未央ちゃんかわいい……しかし弱い……。