読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

imas4 2012a


完成しない15秒

72oP


アイマス2が登場してだいぶ経つわけですが、アイマス1のグラフィックが今も変わらず魅力的なのは凄いですね。今年2012年にアイマス1が新作として発売されたとしても、十分通じるんじゃないでしょうか。
2のグラフィックは、1と比べると美希の言うところの「キラキラしてる」感が非常に加えられていて、なんというか、初対面のあいさつで登場した瞬間から「うわあトップアイドルだ!眩しい!」という感じがあります。私が特にがんばってプロデュースとかしなくても勝手に注目されてきらめく舞台に立ちそうな雰囲気があります。今思えば、1と2の一番大きな違いはそのへんにあるような気がします。かわいいけど、なんとなく垢抜けない感じが1にはあって、それがかえって良いと思わせます。「この、冴えないけどかわいい普通の子達を俺が導いていく」というわけです。


そういえば、私はアイマス1はいつもBGMオフでプレイしてたんですけども、これがなんというか、私の中でアイマスが他のゲームと一線を画すものになるのに一役買ったような気がします。なんだか本当に女の子と会話して、仕事の世話をしてあげているような気分になるんですね。普段の生活で人と話してる時にBGMなんか流れませんで、それと同じ環境のままゲームをプレイして、女の子の話を聞くわけですので、私のようなアホはだんだんと現実との区別が付かなくなってくるというわけです。私はアイマス2にはあんまり不満はないんですけども、ひとつ非常に不満なのはBGMをオフにできないことですね。2のBGM自体はけっこう良いのがあって、買い物の曲とか好きなんですが、でも女の子が話してる時に後ろでチャカチャカ鳴ってるのはどうも。ゲームじゃあるまいし


そう、それで動画の千早なんですが、アイドルの千早と、化粧を落としてメガネで変装するオフの千早との対照的な姿の表現がとても良いと思いました。黒髪の千早の地味さがかわいいですね。この地味さは、2の千早の髪の毛を黒くしても出ないような気がします。
あとただ、この歌を聞いて「ストーカーの曲」呼ばわりというのは、冗談にしてもちょっと品がないというか……アイマス動画なんて見てる割に変なところで現実的なことを言うんだなと不思議に感じました。