ばくおん!!


というタイトルの漫画を読みました。おもしろいです。絵もかわいいし。
主人公のキャラクタも、お話の進み方も、そもそもタイトルからしてどう見てもけいおん!の真似というかパロディなんですが、作者さんが本当にバイク好きで詳しい方のようで、いわゆる萌え系マンガとしてだけでなく、真面目?なバイクマンガとしてもとても楽しめました。なぜかスズキ車大好きな子のバイクへの愛着のきっかけとなった過去のエピソードなど、意外とうるっとさせられてしまうところなんかもあって、バイク文化特有の情熱のようなものを感じるちょっと不思議な雰囲気のある作品です。おすすめです。


というのも、なんでこんなのを読んだりしているのかというと、私この8月にオートバイの免許を取ったからです。4月に思い立って……車の免許は持っておりましたので学科は免除で、十数時間の実技教習を受け、検定試験を受けて合格して、鴻巣免許センターに行くというような感じでした。もっとさっさとやる人なら1ヶ月くらいで取れるんではないかと思います。
中型免許というので、400ccのバイクまで乗ることができます。教習所で乗ってみて初めて分かったのですが、バイクってすげー重いんですね。考えてみれば当たり前なんですが。車種にもよると思いますが、だいたい400ccのバイクで200kg前後あるみたいです。それで、何しろ2輪車ですから、何事かあって倒れてしまうこともあるので、その際には自分で引き起こさなくてはならないわけです。当然、その練習もしたわけなんですが、私はだいたいスイカより重いものは持ったことがないような温室栽培野郎なのでまーあ重いこと!教習1時間目で早くも心が折れそうになった体験でしたが、まったく同じことがマンガでも描写されてて笑いました。
そういうこともあって、私は400よりもっと軽量で取り回しやすい250ccのバイクを中古で買いました。カワサキのエストレアという車種で、昔ながらのスタイルと言う感じでかっこいいです。バイクに乗るならこういうのだなーとは前から思っていて、中古屋さんでパッと目に入ったこれをほとんど即決で買いました。性能に関しては良いのか悪いのかさっぱり分からないです。ただスピードはあんまり出ない方だと思います。外環を一回だけ走りましたがせいぜい80km/hくらいが限界という感じがしました。スポーツバイクのような前傾姿勢で乗るタイプではないので空気抵抗がすごいんですね。風を切るどころか風にぶつかるという感じです。ゆっくり走りましょう。


ただしかし、実際のところ、バイクってあんまり乗る機会ないですね。かなり意識的に「さあ○○へ行くためにバイクに乗るぞ」と思わないとすぐに埃をかぶってしまいます。というかもうかぶってます。まだ給油もしてないのに……。自転車ほど気軽に止められず、車ほど駐車場(駐輪場)があちこちにないのも大きいように思います。あまり街中で便利な乗り物とは言えないですね。ああどこか行くところないかな……と、行き先を思案する日々で、なんだか本末転倒ですけれども、バイクが実用品ではなく趣味の乗り物となった今時においては、それも楽しみのうちと思うべきかもしれません。
何より、まだろくに乗っていない身分ではありますが、実際のところバイクの運転は車とはまったく違った気持ちよさ、楽しさがあり、買ってよかったなあと思っています。いずれそのうち荷物を積んで遠くへ出かけてみたいですね。



ところで、アイマス中毒の私としては、バイクといえばこれ。
春香「プロデューサーさん!ツーリングですよっ!ツーリング!」|エレファント速報:SSまとめブログ
全バイク乗りPと春香好きの夢が詰まったすばらしい一遍です。ぜひお読みになってください。



ばくおん!!ですが、第2巻も出てるので買ってこようと思います。
ええと、バイクで行けそうな大きい本屋は……