読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マッドコミュニケーション

 

山本コッポラさん 

 こう、思わせぶりにではなく、明確に会話をツギハギして、動画のなかで独自のお話を作り上げてしまうという手法のアイマスMADを、この分野の大家……といっても他に知らないんですけれど、そうであるところのeiteiPの動画以外で初めて見ました。当然、私が知らないだけでほかにもこういう動画はあるはずですけれども、何しろ知らないので実際のところどうなのか分かりません。

 いつもは真面目な律っちゃんがあずささんを遊びに誘うというふうな流れが、いつもと役割が逆転している感じでとても気に入っています。律っちゃんはいったいどういう風の吹き回しなのか。私はあずさと律子って、大人同士だという以外にあんまり接点を感じないというか、プライベートで会って話が弾むような雰囲気が想像できないんですけれども、まあ考えてみればあずささんのほうが年上だし、仕事を離れたところでは律っちゃんは歳相応に子供っぽくなるというか、リラックスできたりするのかなーとかね、いろいろ想像をふくらませてくれて楽しい動画です。

 それにしてもこういうの作る人がいたとは知らなかったななんて思って山本コッポラさんの過去作も拝見しましたけれども、こういう種類の動画をおやりになられたのは今度が初めてのようで、いったいどういう風の吹き回しなのか。実にけっこうなことだと思います。だいたいアイマスの半分はコミュ、というか会話シーンでできているといっていいくらいなのに、アイマスMADの半分はそういうシーンかといえば、もちろん全然そんなことはなくて、まあ全体で1割がいいところじゃないかと思うんですけれども、もちろん、あんまりおおっぴらにどうこうしろなんて言わないですけれども、まあただ、アイマスの半分はアイドルの女の子との楽しい会話シーンでできているんだということはもっと認識されてほしいなというようなことは時々思います。ダンスだけじゃなくてね。

 ただ、じゃあ、そういう、いわゆるコミュ系動画がいっぱい出てきたら嬉しいかっていえばそうでもないんだよね。私まだあんまりアイマス2のコミュ見てないから。アイマス1と、アイマスSPのぶんも合わせたら、今のペースだとそうね、全部見るのにあと10年くらいかかるんじゃないかな。やっぱりね、ダンスはともかく、会話シーンは自分でゲームをプレイする流れで見たほうが絶対にいいですよ。私が本当にアイマスが好きになったのも、ダンスじゃなくコミュシーンによってですから、できればやっぱり、人のプレイ動画ではなく、ゲームプレイを通じて「ハァーかわいいなあ~ドゥへへ」ってね、誰にも邪魔されず一人静かに豊かにね、やりたいですね。

 そういうわけだから、コミュ動画作るときは私が見たことあるやつだけで作ってくれよな!って思ってるんですけれども、その点で言ってもこの動画は理想的です。会話シーンは全部私が見たことあるやつです。竜宮小町のエクストラエピソードは全員分クリアしていましたから、「ああーあのせりふがそういう意味になるんだ」っていう、まさしくMAD動画ならではの面白さを堪能しました。アイマス2竜宮小町のエクストラエピソードをプレイしたことのある人は特にぜひ観ましょう。

 ただ音楽はそんなに好みじゃなかったです。曲が好みじゃなくても、内容がおもしろくていい動画だなと思える場合があるのがコミュ系動画のおもしろいところであり、私の好きなところでもあります。

 

**P(eiteiP) 

 もう超おもしろくてゲラゲラなんだけど、こっちは対照的に私の知ってるコミュが一つも出てこなくておいおいネタバレやめてくれよなーなどと思いながら見ました。またこれも音楽はそんなに好みじゃなかった。

 ただそれさえ気にならなければ、この人ほどコミュ動画でとんち話を作るのがうまい人はいない、というかほかにやってる人を知らないので、まずやはりこの分野の大家と言えるでしょう。特にこの動画ではアイマスコミュのなかでもとびきりヘンな、マッドでクレイジーな会話ばかり集められてて、このごろテレビに出て妙に小奇麗になってしまったアイマスのHENTAIな一面を思い出させてくれて、そこのところもとてもよかったです。

 とりあえず真のコミュはあとで絶対見なきゃ(使命感)