読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アイマスと身体性


『輝きの向こう側へ!』
http://www.idolmaster-anime.jp/


 一番ぐっときたのは、グリマスの矢吹可奈ちゃんがストレス太りしちゃって、実際に本当にふっくら体型の絵で描かれていたところ。ちょっと衝撃的と言っていいくらい印象深かった。ギャグシーンでなく、本当に言葉通りに太ってしまったアニメの女の子って生まれて初めて見たような気がする。映画を通じてグリマスの女の子たちはみんな魅力的だったけれど、このシーンで私は矢吹可奈ちゃんがとても好きになった。


 私は、心の成長というのはあまり信じていない。信じていないというとなんだかずいぶん冷たい言いかたという感じがするけれど、つまり、映画の登場人物というのはだいたい、その物語の始めと終わりを通じて、問題を克服し、精神的に成長し、前とか未来とかいう目に見えないところへ向かって進んでいくもので、当然この映画もそうだったと思うんだけど、私は昔からそういうのを感じ取るのが苦手で、つまり結局、春香はどう変わったのか、それとも変わらないからうまくいったのか、よくわからなかった。心というのは目に見えず、音にも聞こえない。人が「心というものがある」と思い込んでいるからあるということになっているだけで、本当はどこにも存在しないのかもしれない、とてもあやふやなものだ。それを、映像と音楽のかたまりである映画というものでテーマとして取り扱うというのは、なんだか無謀でもあり、それをやりきれる作家たちの才能というのはすごいものだと思う。
心は身体と同じように成長するものなんだろうか。私はどちらかというと「三つ子の魂百まで」という諺のほうを信じている。春香は変わってない。だれも変わってない。変わったように見えたとすれば、それはその子の、今まで知らなかった心の一面を新たに見せてくれたということなのではないか。あるいは単に気分が変わっただけかも。ともかく、心というものが、まるで背が伸びるみたいに成長すると言い表せるものであるということを私はあまり信じていないので、そういうふうに解釈した。


 そんなふうだから、心の成長、心情の変化というようなものよりも、私はもっとわかりやすい、見た目の変化のほうにより関心が向かう。アイマス2で、髪の毛が伸びた真が好きだったし、背が伸びた亜美真美が好きだったし、プロデューサーになってスーツに着替えた律っちゃんが好きだった。春香が尻だけ2cm肥えたと話題になったけど、それはゲーム画面の見た目にはわからないのであまりピンとこなかった。心の成長、心の変化というものも、目には見えないから、本当にそうなのか分かるすべはない。でも身体的な変化は、そのまま、その子の時間の経過をひと目であらわしてくれる。架空のキャラクターには、本当は時間は流れていないことを私たちは知っている。だからそういう、「この子はあの時からいくぶん時間が流れている」と感じ取らせてくれる身体の、見た目の変化というのは、私にとってはとても重大で、アイマスでそういうものを感じられる瞬間があると私はいつも嬉しかった。
だから本当のところをいえば、私は貴音の大食いキャラがあまり好きではなかった。ただの非現実的なギャグにしかなっていない。実は出すほうもすごいんだとかいう描写でもあればまた別だけど、まあそうもいかない。貴音は食べるだけ食べて、太りもせず、お腹がふくれることさえない。まるでフィクションのアニメキャラじゃないか。私は貴音が好きだから、そういう描写があるたびに、彼女が作りものであることをいやでも思い出させられて悲しかった。


 だから、矢吹可奈ちゃんがお菓子の食べ過ぎで太ってしまう描写というのが、私はとても好きだった。身体が変化すると、その子は生きているんだなあと錯覚させてくれる。食べれば太るという、生きている人間にとっては当たり前のことが、アニメの女の子にも起こったことがとても嬉しかった。あの子たちは私たちと同じように、食べて、太って、ちゃんと身体に心を宿して生きているんだなという心地よい嘘を、あらためて私たちに信じさせてくれる素晴らしいシーンだった。アイマスは昔から、その嘘にずっと支えられ続けている。それを今回は春香でなく、グリマスから来た新しい子がやってくれたということが、思えばなにか象徴的であったようにも感じられる。


とてもよい映画だった。










 ただ、バネP、あいつはダメだ。何がダメって、服装をとうとう一度も変えなかったのがダメだ。映画では、美希や響の髪型が変わっているシーンが好きだった。律っちゃんのスチュワーデスみたいなリボンタイも、TVシリーズからまた時間がたって、心も服装も変わり続けていることを示してくれていて、とても似合っていて好きだった。合宿中も、劇中での季節の移り変わりによっても、みんな登場するたびに違う服を着ていて、私たちが生きて当たり前にしていることを、フィクションのキャラクターであるはずの女の子たちが同じようにしてくれているのが、私はとても嬉しかった。
それに比べてあいつはどうだ。アイドルではないからなのか、プレイヤーの分身だからなのか知らないが、ネクタイくらい変えたらどうなんだ。結局TVシリーズの第1話からこれまで着たきりスズメ。今日日のび太くんだって夏と冬じゃ違う服着てるっていうのに、おまえはフィクションのアニメキャラかっつーの!