読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水と俺

 アイドルマスター・ワンフォーオールの発売に合わせて、コンビニのローソンで、アイマスグッズが抽選でいろいろ貰えるっていう、よくあるキャンペーンをやっていて、まあそういうのって、だいたいいつもたいした賞品じゃないし、へえ、アイマスもそういうのやるんだ。だいたいなんで、こういうコラボレーション・キャンペーンていつもコンビニでやるんだろう。若者ってそんなにみんなコンビニを利用してるもんなの?コンビニって本当にどこの街のどこの店に行っても、まるでコピペされたみたいにまったくおんなじで、それがもちろんコンビニの売りなんだけど、私はそういうのが全然気に入らないほうで、あんまり習慣的にコンビニには出入りしないほうなので、べつにいいやと思っていたんだけれど、賞品のなかに、『亜美真美・ローソンパペット』というのがあって、これはワンフォーオールのゲーム内で使えるアイテムデータで、このキャンペーンでしか手に入らないんだって!

 私はそのアイテムがすごく欲しくなって、しかもローソンは毎朝の通り道にたまたまあったので、これは運命と思い定めて、毎朝ローソンに寄って、キャンペーン対象のボルヴィックを買うようにした。本当は、アイマスキャラが印刷された特別版の、生茶のペットボトルが欲しかったんだけれど、その店舗では生茶はそもそも扱っていないようだった。

 対象商品を一つ買うと1ポイントもらえて、亜美真美・ローソンパペットは1ポイントで応募できるところ、私はボルヴィックを全部で8本買って、6ポイントを使って当てることができた。2ポイントはというと、ポイントを貰うためのシリアル・ナンバーが印刷されたローソンのレシートをうっかりどこかに落としてしまって、ボルヴィックの買い損になってしまった。私の2ポイントは今もどこかの道ばたに転がっている。

 

 水を8本だから、864円だ。亜美真美・ローソンパペットが864円。かわいいとは思うけれど、高い買い物だったといえる。実際のところ、私はアイマスの衣装についていえば、装飾の少ない、シンプルな格好をさせるのが好きなほうで、派手でコミカルなアクセサリー類はいつもあまり付けさせないし、MAD動画で使う機会もありそうにない。だいたい、アイマス2DLCカタログで販売されている、普通の亜美真美パペットも持っていないのに、どうしてこのアイテムをそんなに欲しいと思ったのか、手に入れてみるとよく分からない。ただ限定という言葉につられて、勢いでお金を使ってしまった私は、乗せられやすいアホだということが分かるばかりだ。

 とはいえ、ボルヴィックは水だ。私の手元には、亜美真美・ローソンパペットのデータほかに、8本のボルヴィックがあった。それらは飲んだり、沸かしたりして、もうみんな消費してしまった。水はいくらでも用途があるし、アイマス・ウェハースを箱買いしたときのように、胸焼けして気分が悪くなることもない。

  私は、自分では亜美真美・ローソンパペットのデータを買ったような気がしているけれど、実際には水を買ったのであって、水を買ったついでに、ささやかなおまけとして、パペットのデータをもらったのだというほうが正しいものの見かただという気がする。864円は水の代金であり、亜美真美・ローソンパペットとは、実際のところなんの関係もないお金だ。

 

 そう思えば、水を買っただけで限定品のアイマスグッズがもらえたわけだから、お得な話だ!限定品とは、限定品を持っているというのは、実際のところじつにいい気分だ。こういうものが手に入ると、アイマスファンとしての自分の名前に箔が付いたような気さえしてくる。そのなんと軽薄で、しかし心地のよいこと!いずれ無理矢理にでもMAD動画で登場させて、さりげなく自慢するのが、今から楽しみだ。