読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『イヤー・アフター』

 

えいすさん

 

 知ったような顔をして高いところからものごとを見下ろしてにやついているカンジのキャラクタっていつもは絶対好きにならないんだけど、ガルパン劇場版に登場した継続高校のミカはなぜかお気に入りのキャラクタの一人になった。ほかに好きなのは五十鈴華さんとアンチョビ。

 外から眺めつつもいざというときにはちゃんと前に出てきて体を張るというところを好感したのかなとも思ったけど、それよりもやっぱりダージリンの社交的なクールさとは違った、もっと根本的な、他人のすることへの無興味さからくるクールさというようなものが彼女らしさという感じで、そこがいいのかもしれない。戦車道には大切なことのすべてが…って妙に熱っぽいことを劇中で言うけど、あれは実際のところ言った本人はたいしてそう思ってなさそうというか、隣にいたアキをからかって言っただけなんじゃないかという印象が、映画を何度か観るうちに強くなってくる。

 だから、劇中から一年後のミカが石川の何もないところでひとりで小屋に住んでるというのはなんだか私の中のミカの印象にとても合うように思えて、マンガでは他にも色んな人の一年後の姿が出てくるんだけど、このミカのパートが私は一番好きだった。『或る旅人の日記』という好きな映像作品を思い出します。

 

 彼女にとっての戦車の季節が過ぎて、人里から離れて一人で暮らすミカというのが、冬の近づくムーミン谷から去ったスナフキンそのままという感じでおもしろかった。ミカを訪れたまほはまた彼女を戦車に誘うわけだけど、春の訪れとともに谷へ戻ってくるスナフキンと同じくミカもまた戦車道の世界に戻っていくのだろうか。

 あるいはまた、スナフキンがものごとに執着しない人物であることを思えば、ミカは一度降りた戦車にはもうすっかり興味を無くしていそうな気がするし、そのほうがなんだか自然に思える。それでもまほの誘いになんとなく乗り気なのは戦車でなくまほに会うのがうれしいからであって、それもまた、何にも執着しないスナフキンムーミンを親友として想っていることと重なって見える。「…また来てね」の”…“がとてもかわいらしい。

 

 ミカみたいに生きられたらいいのになと思う。私もいつか地の果てみたいなところで小さな小屋に住んでシチューを煮詰めて暮らしたいよ。作者のえいすさんも同じこと考えてこの小屋の絵とか描いたんだろうなというのがヒシヒシ伝わってくるようでたいへん(勝手に)共感しました。

 とてもよい漫画だった。

 

 

新装版 たのしいムーミン一家 (講談社文庫)

新装版 たのしいムーミン一家 (講談社文庫)