料理と食事

f:id:rinne05:20170423194112j:plain

 

 キングゲイナーっていうアニメに「この毛長牛の肉は冷凍5年ものだな?」って言って値切るシーンがあって、キングゲイナーというアニメについて私はほとんどそれしか覚えていないんだけど、そのシーンはとても好きで、スーパーで買い物した肉を冷凍庫にしまったり取り出したりすると必ずそのセリフが頭のなかに蘇る。

 「いいやゲインさん、この鶏肉はまだ冷凍3ヶ月だ。新鮮ものだよ…」

 

 自分で料理するほうだけど、好きでやっているというよりも外食や買い食いが苦手だから仕方なくそうしているような気がする。家族で行くのは別として、普段の生活で外で食事をするという習慣がこのいい歳になってもついに身につかなかった。学生時代に、学校のあと友達とどこかに入って、あるいは買って食べるということも、本当にほんの一度か二度くらいしかなかったと思う。

 同じように、カフェでゆっくり過ごすというのも経験がない。お気に入りの、落ち着いた雰囲気のお店でゆっくりコーヒーを味わうように、大人になればなれるんだろうと思っていたから、落ち着くどころかお店の扉を開けることもままならないままであることにショックを受ける。

 母が料理上手だったのが何もかもいけないのだ。おかげで私はたまにひとりで出かけてもどこで何を食べたらいいのかぜんぜんわからなくていつもなんとなくみじめな気持ちがする。

 

 みんな普段何を食べてるんだろう。コンビニでお弁当を買ったり、ラーメン屋に入ったりしているんだろうか。外食ができる人は、食事の選択肢がいろいろあって、町を歩くのも楽しいだろうなと思う。孤独のグルメはおもしろいけど、私にとって井ノ頭氏は完全にファンタジーなキャラクタだ。どうしてあんな風に、食事そのものを楽しむことができるんだろう、それも孤独に。ひとり豊かで、静かで…

 じゃあ家にいるのが一番だねということになるんだけど、できることなら家に引きこもって一生を送りたいかといえばそうでもなく、本当は休みの日にはもっと外出したいと思っている。車かバイクでどこかに出かけて、そのへんで美味しいものを食べて帰ってくるようなことを気軽にしてみたいと思う。でもどこへ行っても結局落ち着かないから、家にいるのが楽だというのも本当だ。休みの日に家にいるのなら、せめて趣味は料理だというくらいは言えなくてはいけないような気がして、このごろはなんだか家でも落ち着かないでいる。

 

 あるとき荒野にひとり放り出されることになったら、自分はどうなるんだろうということをよく考える。食事を他者に頼ることに対して拒否感があるのは、そういう想像と関係しているのかもしれないと思う。

 「お前、そんな手軽に腹を満たすことに慣れてしまっていて、本当にいいのか。この便利すぎる世の中がお前の死ぬまでつづくって、どうして信じられるんだい?いざという時、サバンナにコンビニはないんだぜ」

 このことを考えると、いつもダマスカスのことを思い出す。戦争になる前のダマスカス市の写真を見たことがあって、それはもしかしたらアレッポ市だったのかもしれないが、いずれにしろパリや東京と変わらないような近代的な美しい大都会で、この写真の人たちなんてこの街が数年でBF2のゲームマップみたいな廃墟になるなんて一片も想像していなかったに違いなく、そう思うとどうして今の私の安全な生活が来年も続くといえるだろうかと思わずにはいられず、だからなんだか、こんなに簡単に料理した食べものが手に入っていいのかなあ、巡り巡って、バチが当たるんじゃないのという気持ちが、どうしてもなくならない。

 

 だから自分で料理をしているのかもしれない。料理をしてこその人生なのかもしれないよ、博士。

『イヤー・アフター』

 

えいすさん

 

 知ったような顔をして高いところからものごとを見下ろしてにやついているカンジのキャラクタっていつもは絶対好きにならないんだけど、ガルパン劇場版に登場した継続高校のミカはなぜかお気に入りのキャラクタの一人になった。ほかに好きなのは五十鈴華さんとアンチョビ。

 外から眺めつつもいざというときにはちゃんと前に出てきて体を張るというところを好感したのかなとも思ったけど、それよりもやっぱりダージリンの社交的なクールさとは違った、もっと根本的な、他人のすることへの無興味さからくるクールさというようなものが彼女らしさという感じで、そこがいいのかもしれない。戦車道には大切なことのすべてが…って妙に熱っぽいことを劇中で言うけど、あれは実際のところ言った本人はたいしてそう思ってなさそうというか、隣にいたアキをからかって言っただけなんじゃないかという印象が、映画を何度か観るうちに強くなってくる。

 だから、劇中から一年後のミカが石川の何もないところでひとりで小屋に住んでるというのはなんだか私の中のミカの印象にとても合うように思えて、マンガでは他にも色んな人の一年後の姿が出てくるんだけど、このミカのパートが私は一番好きだった。『或る旅人の日記』という好きな映像作品を思い出します。

 

 彼女にとっての戦車の季節が過ぎて、人里から離れて一人で暮らすミカというのが、冬の近づくムーミン谷から去ったスナフキンそのままという感じでおもしろかった。ミカを訪れたまほはまた彼女を戦車に誘うわけだけど、春の訪れとともに谷へ戻ってくるスナフキンと同じくミカもまた戦車道の世界に戻っていくのだろうか。

 あるいはまた、スナフキンがものごとに執着しない人物であることを思えば、ミカは一度降りた戦車にはもうすっかり興味を無くしていそうな気がするし、そのほうがなんだか自然に思える。それでもまほの誘いになんとなく乗り気なのは戦車でなくまほに会うのがうれしいからであって、それもまた、何にも執着しないスナフキンムーミンを親友として想っていることと重なって見える。「…また来てね」の”…“がとてもかわいらしい。

 

 ミカみたいに生きられたらいいのになと思う。私もいつか地の果てみたいなところで小さな小屋に住んでシチューを煮詰めて暮らしたいよ。作者のえいすさんも同じこと考えてこの小屋の絵とか描いたんだろうなというのがヒシヒシ伝わってくるようでたいへん(勝手に)共感しました。

 とてもよい漫画だった。

 

 

新装版 たのしいムーミン一家 (講談社文庫)

新装版 たのしいムーミン一家 (講談社文庫)

 

 

もっと反抗してホラ

 このごろはアイマスMAD紹介系ブログ界隈ってどうなんでしょうか。まだ活発にやってるとこってあるのかな。以前は私の動画もいろいろなかたに褒めていただいてずいぶんいい思いをさせていただいたものです。再生数が少なくても、やはり一人でも褒めてくださる方がいると、ああ投稿してよかったなあと動画が報われたように思えて、じゃあ次もという気持ちを起こさせてくれるものです。

 とはいえ今やXBOX360PS3世代の作品の時代は終わってしまったし、この動画に言及してくださるところもさすがにないと思うので恥を忍んで私みずから少しばかり書かせていただきます。(セルフプロデュース)

 ---------------------------------------------

変身、あるいは逃れがたき反抗

 

絶険、あるいは逃げられぬ恋


くわらんP

  

 真っていつも最初は「キャピキャピのカワイイアイドルになって男子にモテまくりたいです!」とか言うんだけど結局王子様アイドルとして成功してエンディングでは「まあ悪い気分じゃないし王子様なのも自分ですよね」ってPとファンに絆(ほだ)されるのがお約束で、結局一度も「キャピキャピでカワイイ」アイドルで売らせてもらえたことがないんだよね。本人あんなに望んでいるのに。アニマスでも雪歩とファンに全否定される始末。

 OFAにはキャラクタそれぞれの専用曲を作るというシナリオがあって、そこで真の専用曲として作られたのが『絶険、あるいは逃げられぬ恋』。宝塚を感じさせる完全な王子様曲で、たしかに真にしか歌いこなせないという感じはするしかっこいい曲だと思う。

 でもこの曲を聴いた私はものすごく不満だった。か、かわいくねえー!結局こういうの歌わされちゃうのかあ~!真ちゃんかわいそう過ぎるー!ええお前なに喜んでんだよいいのかいこれで!もっとたまにはPとか作曲家とかに文句言って拗ねたりしろよ!と思った。

 アイマスのアイドルがプレイヤーに反抗しなくなって久しいですが、かわいいアイドルにあこがれて、自分の信じるかわいさを不器用に追求する姿というのが真の一番かわいいところだと私は信じているし、自分が誰からも王子様としてを求められていると知っていてもカワイイであろうとすることを諦めない姿というのが真の一番かっこいいところだと信じているので、『絶険』を素直に喜ぶ真の姿は、もちろんシナリオ上のこととはいえけっこうガッカリするものがあった。

 

 『絶険』を選択してステージが始まったらなぜかふるふるフューチャーが流れだすくらいの意気というか反抗心というか、Pの野郎やファンやゲームシナリオの言いなりになるばかりでない気骨のあるところを見せてほしいという気持ちで上の動画を作りました。ぜひ観てね☆

 

 --------------------------------------------- 

 律っちゃんは真の熱意に折れる形で反抗に付き合うんだけど律っちゃんも実はキュート系好みなので内心ではノリノリ。千早は歌えさえすれば基本的にユニットイメージとかはなんでもいいので良いも悪いもなく付いて行くという感じ。この3人は拙作『ネヴァー・セッド・ダーリン』の3人組で、律っちゃんもまたゲームシナリオに囚われた自らの運命を変えるべく反抗した前歴があるのでやはり真の肩を持つ気持ちがあった。

ネヴァー・セッド・ダーリン

という設定があった。

 

 

真「ヤローじゃないぞ、このヤロー!」

 これもまた何年か前に投稿した動画で、話の筋はほとんど同じなんだけどPの対応が正反対に違っていて、ついでに観比べてもらえるとおもしろいかと思います。

  

---------------------------------------------

選曲Sw@pping Festival

 ひさしぶりにまともな動画を投稿するきっかけを与えてくださったアイマスMADイベント『選曲Sw@pping Festival』のBBPとanさんにお礼申します。楽しいイベントをありがとうございました。それと私の担当曲であったところのビートマニアの楽曲『MENDES』を寄越してくださった直井Pと、私の選曲であったところのスカイラー・スペンスの『Can't You See』を引き当ててしまった終わり詩Pにも感謝申します。『変身』がいい動画になったのはお二人のおかげさまです。

 それから、イベント締め切りに間に合わなかった私の代わりにMENDESを動画にしてくれた赤ペンPと吊さんにもお礼を申します。どうもありがとうございました。結果的にいえばいい動画が余計に増えて、なかなか良かったことですな。(無反省)

 

  


マイリスト新しくしました

 

 プラチナスターズの真はどんなふうなのかなー(PS4まだもってない)。楽しみだけどいつも通りなんだろうなー。フリフリのドレスでキャピキャピにキメてPの首が危うくなっても本人はご満悦でPのほうが腹をくくるみたいなアツくてカワイイなシナリオが私は見たいの。