ラム

うる星やつら』 Episode5-B:君待てども…

uy-allstars.com

 

 あたるがラムの手をとり、もうちょっと一緒に歩こうよと誘う。

 ラムはかわいいし、やっと報われてよかったねとはじめは思ったけれど、果たしてこれは本当にいい話だったのかどうか、よくよく考えるといまいちよく分からない。

 

 あたるはラムの憂いを帯びた横顔を見て「こんなに可愛かったのか」と初めて気がついたように心のなかで言う。あたるは一貫して女を顔でしか見ていない。ラムが変装までしてあたるを恥から救ってくれた行為に対しては「借りを作っちまった」としか認識していない。ひ、ひどい……

 あたるは一貫して文字通りの恥知らずな人物だから、きっとあのまま賭けに負けたところで残念がりはしても恥ずかしいとは感じないのだろう。組野おとこはなにかの事情でたまたま来られなかっただけだ、と信じ続けたに違いない。

 あたるは自分と関わるあらゆる女は自分を好いてくれていると信じて、それを決して疑わない。女の顔以外の部分を、心や感情を一切見ない(あるいはその能力がない)から、かえって女性という存在を心の底から信じられるのかもしれない。

 

 だから、ラムのしたことはある意味で余計なお世話だ。あたるはラムになんの感謝も恩義も感じていない。ラムのまごころは本当は伝わっていて、それによってあたるは無意識にラムの手をとった、と解釈することはもちろんできるし、それがおそらく正しい解釈だと思う。

 でも、自分はどうも、あたるは本当にただ顔がかわいいと気付いたからラムの手をとったと見るほうが自然のように思えてならない。底の浅い男のありかたとしての自然さ、作劇的でない人物造形という意味で。

 そうだとすると、ラムは報われていないということになるのだろうか。それも違う気がする。ラムもまた、あたるが自分にまごころを向けてくれることを初めから期待していない。どういうわけかあたるを好きになって、だからあたるを自分のものにしようとする。そこにあたるの意思はない。自分勝手にしていることだ。

 

 そのラムが、初めてあたるを助けるために行動する。いつでもどこでも好き勝手に現れて、ダーリンはうちのだっちゃと言って憚らないはずのラムが、変装して、ほかの女の名前を名乗る。かわいそうな、バカなダーリンのために。

 このエピソードで心の変化があったのはあたるではなくラムのほうだったのではないか。

 

 ラムがどうして、あたるのために涙を流せるほどあたるを好きになったのか、もちろん誰にもわからない。ラムにもきっとわからないのだろう。好きになってから、自分はどうしてあんな男を好きなのだろうと悩むのは、恋というものの不思議と自然な順序のようだ。いつもあたるを振り回しているラムが、初めて自身の恋心に振り回される表現があの涙の意味なのかもしれない。

 

◇◇◇

 

 ところで、あたるはあのあと面堂から賭けの一万円を受け取ったのだろうか。いわばズルでの勝ちだから、なにかと理由をつけて受け取らないのが筋だと思うが、あたるは何食わぬ顔で受け取るような気がする。そういう厚かましさ、ズルを平気でやれるほうがあたるの神経の図太さらしい感じがするし、そういうことができる男という見かたをすればあたるの独特の魅力が見えてくる気がする。

 彼もまた、ルパン三世やルーカス・ジャクソンと同じ、自分にはおそらく決して真似のできない「今だけを生きる男」のひとりなのだ。面堂はそれができなかったからクラマをものにできなかった。

 過去も未来も、他者の心にもいっさい囚われず、自身の心の赴くままに生きられる人間は強く、迷惑で、魅力的だ。

借家の庭

 部屋の掃き出し窓から、庭が見える。

 借りているアパートは2階の大家の他は住人がおらず、庭は実質自分のスペースであった。

 たわむれに球根を植えたり、芝を敷いてみたりするが、それほど熱心には管理していない。

 なので雑草がどんどん生えてくる。私はその雑草の伸びるのを見るのが好きだった。

 ニシキソウ、カラスノエンドウ、ヤハズソウ、スベリヒユ、イヌダテ、ツユクサ、カヤツリグサ、カタバミアメリカフウロエノコログサ、それにもちろんセイタカアワダチソウ

 今年の夏は初めてネジバナシロツメクサを見た。シロツメクサことクローバーはあっという間に繁茂して一坪分ほどになり、コウライシバと勢力を争った。青い三つ葉と白い花の小さな森のあいだを、ナミテントウやカマキリが行き交っていた。

 

 大家はたいへんいい人であったが、庭には興味がないようであった。とはいえ管理者として管理しなければならないという使命感によってか、庭には定期的に除草剤が撒かれた。

 自分もまたそれほど行き届いて管理しているわけではないし、そもそもが自分の庭ではないから、それについてなにか言ったことはない。

 

 まだ9月にもかかわらず、先週まで緑の地だった庭が気がつくと一面の枯れ色に変わっている。この薬剤の威力にはいつも驚かされる。あのカマキリはどうしたろうか。金と青の尾をもったカナヘビは。

 シロツメクサは来年もきっと生えてくるだろう。きっと他の草も。ここは造成地で、庭と言っても地面はほとんどがれきと粘土であった。こんな悪条件の地にも生える緑と自然の力強さをむしろ感じさせる光景として、寂寞の気持ちとともに畏敬の念を抱く。

 

 でもやっぱりやめてほしい。

 

 

恋している人を近くで見たい

「誰かに恋をしている人」を今まで実際に一度も見たことがないことにふと気がつく。

文字で、絵で、映像で、音楽で、あらゆる創作で豊かに、人間の普遍的な営みとして恋は語られているから、自分もまた、恋は普遍的なものであり空気のように世間のどこにでもありふれているものだと自然と思い込んでいたけれど、そういえば、と思う。

誰かが誰かに恋をしている。その表情、視線、言葉遣い、ほかの人には向けられない特別な心遣い。

すべてフィクションで得た知見でしかない。そのような、人のプライムな状態に実際に立ち会ってみたいと急に思うようになった。恋している人を近くで見たい。

 

あるいはもちろん、自分がただ気が付かないで来ただけなのかもしれない。美しい恋は心に秘めるものだという(誰に聞いたの?)。毎日会っていたあの人や、アルバイト先のあの人も、日々何事もないような顔をして、ほんとうは誰かに強く惹かれ、焦がれる気持ちを心に抱いていたのかもしれない。熱い視線を送って、あるいは交わし合っていたのかもしれない。誰かと誰か。音も光も、赤い糸もなく、ただ感じ取るしかできない『恋』という現象が、ほんとうは人びとのあいだにありふれて起こっているのに、まるで気圧の変化を感じ取れない人間のように、人の何事にも気が付かなかっただけなのかもしれない。

 

それにあるいは、見たからどうということもないのかもしれない。人の心に生まれる恋という神聖な感情を、他者が好奇に見ていいものではないという気もする。尊いものほど直視は憚られるものだ。

それでも、やはり見たい。恋愛ソングも恋愛映画も、フィクションといえど現実がベースであるということを確認したいのかもしれない。戦争に似ていると思う。現実にあると知っているのに、出会ったことがない。恋は戦争だというし。

 

眼の前で起こる現実の戦争には興奮も感動もなく、死と苦しみと憎しみだけだろうと十分想像できるから、見られなくて結構だ。

でも、恋は見たい。誰かが誰かと話すとき、自分と話すときよりもほんの少し背筋が伸びていることに、いつか気が付いてみたい。